辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票?沖縄県民投票の結果普天間基地の辺野古移設に賛成の投票した県

辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票。沖縄県民投票の結果、普天間基地の辺野古移設に賛成の投票した県民は10%以下?こんなに少ないの?当日有権者数:1,153,591人 投票率:52.48% 投票総数:605,385票 有効票数:601,888票99.42% 賛成:114,933票18.99% 反対:434,273票71.74% どちらでもない:52,682票8.70% 無効票数:3,497票0.58%県民全体に対する賛成の割合は0.52×0.19=0.098810%行かないじゃん「県外に移設する」という選択肢を作ったら、ここに80%以上集まったんじゃね?日米安保が必要なことは疑いないので、総理の地元の山口にでも移設すればいいのに。

>「県外に移設する」という選択肢を作ったら、ここに80%以上集まったんじゃね?本音ではそうでしょうね。でも、そうすると「自分達が嫌なものを他人に押し付けようとしている」といった風に、自民党やその支持者たちがプロパガンダを発信するのは間違いない。自分達が沖縄に基地を押しつけるというエゴ丸出しのことをやっているのに何を言うか、と言いたいところですが、そうなることは目に見えている。沖縄県民も玉城知事も、それがわかっているから、辺野古埋め立てに話を絞って意見を集約したのだと思います。*****そもそも、普天間基地が返還されることになったのは、1995年の米兵による女児暴行事件がきっかけ。この事件に対応した「沖縄の負担軽減」のためには、沖縄県民と米兵の接触する機会を減らす、すなわち駐留米兵の数を減らすことが必要なのです。しかも事件は、基地の近傍で起きたわけでもなく、犯人が所属する基地のあった自治体で起きたわけでもない。事は基地周辺だけの問題ではない沖縄全県にかかわる話なのであり、それが同じ沖縄県内に移設されるのでは、沖縄県民が負うリスクは全く変わらないのですから意味がない。辺野古に移設されなくても、普天間は返還すべき基地、県民投票などしなくても、それが「沖縄の負担軽減」の大前提です。ところが自民党やその支持者たちは、普天間移設の理由を普天間が住宅地に近くて危険な基地だから、というふうにすり替えて、それも住宅地が後からできたみたいな中傷を乗せて、さらには、辺野古に移設しなければ普天間周辺の住民は危険な状態のままだぞ、なんて脅しまで加えて、辺野古への移設を強行しようとしている。だいたい、普天間の危険除去とか言いますが、宜野湾市はあの女児暴行事件の被害者が住んでいたわけでも、事件の舞台になったわけでもない。それなのに、あの事件を受けて決まった普天間返還で、直接の被害を受けたわけでもない宜野湾市だけが利益を得るって、普通に考えておかしいでしょう。だから多くの県民は怒っているのだと思います。最低限県外に移設しない限り、「沖縄の負担軽減」など自民党政権はやる気はなかった、沖縄県民を騙した、ということです。*****>日米安保が必要なことは疑いないので、総理の地元の山口にでも移設すればいいのに。その方がずっと役に立つでしょうね。普天間の移設先は地政学的に沖縄が最適とか、米軍が辺野古でなければ同意しないとか言う人もいますけど、それはデタラメ。普天間基地に配備されている海兵隊のヘリコプター部隊は外征型の部隊であって、日本への武力攻撃を防ぐ効果はありません。そしてセットで運用される強襲揚陸艦は佐世保に配備されているのですから、本来ならその近くに移設された方が米軍にしても好都合なはずのものです。また、中国や北朝鮮の脅威があるから、沖縄の米軍基地が無くなると沖縄はこれらの国に奪われる、とか言う人もいますけど、中国や北朝鮮が日本を攻撃するなら、基地の存在を除けば沖縄なんて狙う必要がありません。中国や北朝鮮が日本に武力攻撃をかけるということは、彼らは日本に戦争で勝つために攻撃をして来るのです。それなのに、沖縄なんてところを攻撃したところで日本に個別的自衛権行使の口実を与える意味しかなく、彼らは勝つことなどできない。勝つつもりなら、日本の中枢、すなわち首都圏をまず狙います。東京から北朝鮮は東京から沖縄よりも近い。沖縄に米軍基地があったって、中国や北朝鮮からの攻撃に対してはほとんど役に立ちません。在日米軍基地を日本の防衛に役立てるつもりなら、首都圏周辺か、せめて首都圏から北部九州にかけてのどこかに配置すべきものなのです。*****結局、自民党もその支持者も、米軍基地が日本の防衛に役に立たないただの迷惑施設だと思っているのです。それを沖縄に押し付けたところで、沖縄県民の数は日本の人口の1%強でしかなく、沖縄の自民党議員全員が落選したところで、政権を揺るがす事態にはならない。これを本土に移すと、その周辺の住民が自民党政権に批判的になる。つまり、より多くの自民党議員が不利な選挙を戦うことになる。それを避けるために、自民党は米軍基地をできるだけ沖縄に押し込めておきたいのです。そして、自民党やその支持者なども迷惑施設である米軍基地を自分の近くには受け入れようとしない、そのエゴを糊塗するために、沖縄の米軍基地が日本を守っているのだとかいうおとぎ話や、沖縄の反対派は中国の手先といったデマを振りまいているのです。

反対:434,273票÷当日有権者数:1,153,591人=37.6%賛成:114,933票÷当日有権者数:1,153,591人=9.9%どちらも半数にも満たない。オール沖縄という主張には疑問を持ちませんか.こんなもんでしょ。本土に米軍基地を作るといえば、賛成派は1%もいないと思います。だれも身近に軍事基地が出来ることは望まないし、反対すると思います。

“辺野古沖埋め立て”。-米軍普天間基地の移設に伴う沖縄県名護市辺野古沖の埋め立て。その賛否を問う 。 県民投票の結果を真摯しんしに受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組んで参ります。」 沖縄が 。 喜納高宏さん「沖縄の歴史を振り返った時に、自分の意図する所でない所に、強制的に移動させられたわけです。沖縄だけで。「意思を示しても変わらない」県民投票行かなかった人。-基地問題には関心があるという中城村の公務員の男性29は「普天間飛行場はなくしてほしいが、辺野古の自然が壊されるのも納得 。 意思を示しても変わらない」県民投票 行かなかった人、理由は諦め 複雑な沖縄の現実 。 辺野古新基地建設のみに絞って直接意思を示した県民投票は、反対が7割を超える結果となった。

県民投票の記事一覧。沖縄県名護市辺野古の新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票が2019 年2月24日日、各市町村で実施される。「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択から県民が選ぶ投票結果によって、政府の進める基地建設や玉城デニー知事の県政運営へ。沖縄の「中国共産党の工作員」といわれるものの正体は、まぎれもなく日本会議?の工作員なのだということ。??

実効性の無い無意味なアンケートなので面倒だから行かなかった人も多いのでしょう。全員投票してたら割合が増えたか減ったかわかりませんが、反対者の方が熱心に投票行きそうな気がします。こんな結果になったのは知事が県民を説得できなかったからだと思います。本来なら基地移転に伴う沖縄の不利益を軽減する努力をすべきじゃないかと思います。沖縄県内の全市町村で反対多数。-米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設の是非を問う県民投票は24日、移設に反対する票が賛成票を圧倒的に上回った。反対票は、県民投票条例で知事が首相と米大統領に結果を通知することを定め。

2019年沖縄県民投票。ナビゲーションに移動 検索に移動。 2019年沖縄県民投票。 普天間飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋立てに対する賛否についての県民による投票。 開催地, 沖縄県の旗 沖縄県。 開催日, 2019-02-24。 2019年の沖縄県民投票おきなわけんみんとうひょう、正式名称普天間 飛行場の代替施設として国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための 。 投票結果について『賛成』『反対』『どちらでもない』のいずれかの投票数が投票資格者の総数の4分の1に達したときは、知事は。

>「県外に移設する」という選択肢を作ったら、ここに80%以上集まったんじゃね?<95%は確実だったでしょう。日本人の民意↓沖縄県民投票の結果を受けて。安倍内閣は結果を尊重すべきかどうか。◎そう思う62%▲そう思わない「19%」辺野古の基地建設工事を進めることについて。▲良いと思う「29%」◎良いと思わない48%毎月勤労統計調査が不正は方法で行われた。安倍内閣の対応について。▲評価する「8%」◎評価しない73%全国18歳以上の男女対象の世論調査。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です