英語評価「2」だった私がオーストラリアの大学を卒業したまでの道のり?英語です 私の学校では学期末に課題として日頃書いた日記をま

英語評価「2」だった私がオーストラリアの大学を卒業したまでの道のり。英語です。私の学校では、学期末に課題として日頃書いた日記をまとめて発表することになっています。今回、「1学期と3学期の日記を比べて良くなったことを2つ」英語で書くように言われました。英語にしたい文章は以下の2つです。1.社会的なことを書けるようになった。例えば、環境問題、自然災害などの話題である。2.長い文章を書けるようになった。感想だけでなく、自分の考えをまとめられるようになった。google翻訳を使いましたが文法が正しく出ないので、正しい英語の回答をよろしくお願いいたします。

英語科の長期留学レポート。でもその前に、一大イベント 期末テストがありました 私としては、正直プレゼント代の出費の心配をすっごくしてたんですけど、私のファミリーはブラザー2人、シスター2人と人数が多く、、 。 私の学校は2学期制で学期が変わるときに授業変更できるのかなって思ってたら、成績悪い人だけ変えれるみたいで体育とか言語取り 。 だけど普段のプリントをしっかり記入して提出したり自分が出来そうな課題を余分にもらったり、相談したり。

課題が山積み。アメリカ、カンザス州にあるヘストンカレッジで「看護留学」をしている、ゆうこばです。 今回は、アメリカ看護留学1年 。 期末テストでは1学期分全てが出題範囲に入るので、 普段から地道に勉強し続ける必要があります。 それでも先生の出題傾向。留学生には超ストレスフル。これは厳密には「試験」というわけではありませんが、だいたい学期末に提出するものです ペーパーは準備に時間をかけられるから英語にハンデがある留学生にとっては有利」ということをよく聞きますが、私は個人的にはそう思いません??? 。 秋学期に私が履修したフィルムのクラスでは、筆記テストに加え、ファイナルプロジェクトとして約3分間のビデオを提出することになっていました。その作品は学校のオーディトリウムで、何十人ものオーディエンスが観ている中で上映されたのですごく緊張しました。

Google翻訳を提出した上で、英語の品質はgoogleの問題、と説明すればよろしいでしょう。実際そうおっしゃっていますよね。日本人の留学増加の今:。大学留学の現実1: 英語力、学力、目的が足りない 。 私たちが教えていること。 1。 英語。 2。 アカデミックスキル。 Academic English。 Academic Englishは学生や研究者が使用する言語とい 。 学期末試験。 Class 3: Group PresentationFinal Examination。グループプレゼンテーションと学期末試験。 Class 4: Team 。 日本の学校で教育を受けた学生で、今学期2019年秋学期から 。 ですか。 2。 実際にTUJで授業を受けてみて、入る前にイメージしていたのと同じ。 だった点、違っていた点は、それぞれ何ですか。 3。

オーストラリアターム留学報告会。 英語は勿論ですが、国境を超えた出会いの中で友情を育み、信頼関係を築けた事がこの留学で私が手に入れた宝物です。 昨年は参加 。 現地校で受けた授業や課題に打ち込む中で身についた力、ホームステイなどを通して肌で感じた人のあたたかさや思いやりの心 留学生として日本語を教えたりオーストラリアの事を教えてもらったりすることで文化を学んだり現地生徒との仲を深められたり出来て楽しかったです。 学 期末の文化祭ではパフォーマンスへの参加によって大きな達成感を得られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です