後期高齢者の医療費「自己負担3割」の対象拡大を検討???!高齢者の医療費負担が若者より少ないなっておかしくないですか

後期高齢者の医療費「自己負担3割」の対象拡大を検討。高齢者の医療費負担が若者より少ないなっておかしくないですか?高齢者が長生きする意味って社会的にないですよね。その分の税金を子供が若者に回したら、投資になりますし、社会に還元するかもしれない。老人を長生きさせたところで何になるのか。昔だったら、老人自体、知識が豊富だったし、希少だったから価値があったと思うんです。今って老人の知識は硬直して役に立たないし、そもそもインターネットで検索したほうが早い。綺麗事で老人を長生きさせる意味がわかりません。今まで頑張ってきた?といっても、今の時代機械化されてるような仕事で誇らしげにされても、、という感じです。自分自身、そこまで生にこだわりは無いですし、命を大切にし過ぎる今の風潮に嫌気がさします。介護も医療費もある程度の年齢まで行ったら、税金を使う必要ない。お金があって生きていける人ならいいが。老人を長生きさせるために若者を圧迫させるのは負の連鎖。老人が病気になる、ということは寿命だと思います。高齢者の医療費負担が若者より少ないのは正しいと思いますか?意見をお聞かせください、、

高齢者の医療費は原則?3割?に引き上げよ。もし、年収400万円の人が病気やけがをして病院に行ったとき、その人が69歳以下だと、かかった治療費の「3割」を窓口で払わなけれ 。 わが国の医療には「現役並み所得」 という定義があり、現役並み所得以上の収入を得ている高齢者には、勤労世代と同じ3 割の窓口負担を求めている 問題になっている医療費の増加に関しては、まず間違いなく高齢者の医療費の負担の軽さがあると思います 8時前に採血室に「行列」を作る老人達少なくない外国人の利用※短期の掛け金で利用するから大損

後期高齢者の医療費「自己負担3割」の対象拡大を検討。その費用も先に述べた通り、後期高齢者医療制度の財源は4割が「後期高齢者支援金」 となっているため、約6兆円が現役世代の負担 。 年金のみの収入しかない高齢者が多いとはいえ、世代間の負担が公平に行われているのか疑問を投げかける声も少なく ありません 現状よりも高齢者の負担を上げるべき、と考えている医師の方が多いという結果になっています 医療費が財政を圧迫しているのは明確で若者に負担 させるのは間違っている、きつい言い方かもしれないが、自業自得な点でもある。

まず、安楽死を正式に認めるべきだと思う介護負担とかが重くのしかかり、かつ本人が能動的な意思を見せることが出来ない場合は家族の承認もOKにして。医療負担も、本人がしてりゃあ通常通りとればいいと思えるけど、長期入院の老人とかの場合は家族が負担することになるからね、結局は。個人的にもっと納得がいかないのは生活保護の医療費無料の方だけど。働いてないんだから、健康には一般人以上に気を使うことが出来るはず。だから、10割負担でもいいと思う。

高齢者の医療費負担が若者より少ないなっておかしくないですか。 医療費を安くするのは差別になりますね。 最低でも高齢者に同じ額を払ってもらわないと。後期高齢者の自己負担。 Q 75歳以上の後期高齢者一般?低所得者の医療費の自己負担はどの程度が適正か。 Q 現在加入している保険料負担 。 高齢化社会がさらに進み、またタンス貯金が数兆円ある日本では、賃金が少なく医療機関の受診が多くない若者から取るよりも、お金を持っていて、医療機関の受診が多い高齢者からもっと医療費を取るべきだと思う。勤務医 ?高齢者で、病院を 。 国が主体となって、延命処置を希望するか、意思決定を事前に行うよう政策の一環として広めてほしい。勤務医 ?高齢者の胃瘻や。

若者を破綻させる老人向け医療費の重圧。 その中で最も大きなウエートを占めるのが「社会保障関係費」である。その額… 。 若者 を破綻させる老人向け医療費の重圧高齢者1人当たりの医療費も増加 。 費医療費。 「 負担は増え、給付は減る傾向」 。 がんになっても仕事を辞めてはダメ。ですよね。病院が高齢者の溜まり場になっているのは、医療費の負担が少ないことが大きな理由だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です