「安倍総理にはリーダーシップがない」という意見を目にして「安倍?野党がどうしようもないから仕方なく安倍さんと自民を支持して

「安倍総理にはリーダーシップがない」という意見を目にして「安倍。野党がどうしようもないから、仕方なく安倍さんと自民を支持してる人はいますか?安倍政権を。-あれから12年。なぜ、安倍政権は復活でき、しかも「最長」となったのか。今回、その裏側を当事者の話で明らかにした なぜ、長きにわたる政治の混乱の、引き金を引いたような安倍政権が復活できたのか。 それを身近に見て、復活に 。 自民党の総裁経験者が再び総裁に就いた例はないうえ、5年前のあの時の辞め方だ 党はどうします? 。 与党も野党も…「しかし次は」。 因縁の相手にも聞いてみた。小沢一郎だ。 安倍が総理就任後、初めて臨んだ国政選挙だった12年前、2007年の参議院選挙。

東京新聞:安倍政権はなぜ続く。-その結果、政権交代がないだけでなく、独善的と批判される政権運営でさえ可能になっています。 豊田 野党が弱くなり、政権交代の現実味が欠けていることに加えて、派閥の衰退で自民党内の圧力がなくなったことも長期 。 砂原 基本的には制度の問題ですが、 安倍首相が第一次内閣の教訓を生かして、野党を見ながら自分のポジションを決め、 それに成功している面はありますから、制度だけでは 。 砂原 ある意味、安倍首相がリベラル自由主義世界のリーダーのようになっているのは仕方がない。

「野党がダメ」な理由は英国総選挙の労働党惨敗を分析すれば分かる。-1月20日に通常国会が招集されたが、「安倍一強」と「野党の衰退」という構図は相変わらずだ。実は、日本でこうした情勢を招いた理由は、英国総選挙における保守党の大勝利と労働党の惨敗という結果に至った理由とよく似ている。英国の。テレビチャンネルや新聞の種類が少なく,偏った情報しか発信されない:情報寡占官僚が,歴代官僚の特権を優先するため,公権力を私物化し,国益が後回しにされている:天下り共産主義者が,法曹界を牛耳って,マルクス思想に基づく判決を出し,犯罪を増やしている:司法偏向公務員が,徒党を組んで,自分達の利益を優先させ,官公庁に圧力を加えて,住民の利益が後回しにされている:役人亡国労働者が,徒党を組んで,自分達の利益を優先させ,企業に圧力を加えて,消費者の利益が後回しにされている:組合亡国風俗や射幸賭博を野放しにして,家庭を不幸にする環境を助長している:不健全化観光産業や芸能スポーツを過度に偏重し,産業構造が社会の発展に逆行するよう歪められている:産業歪曲外国の手先が,情報かく乱や破壊工作をしても,対応できず,技術も盗まれ放題になっている:無防備外国人労働者の安易な受け入れで,社会を発展させる創意工夫ができないよう邪魔をしている:民活妨害

それでも安倍内閣の支持率が下がり切らない理由。ひょっとしてトランプは、すでに安倍首相と何かことを進めても仕方ない、と思っているのか 内閣人事局をめぐってあーじゃこーじゃだから、与党サイドはここを廃止しない限り、半永久的に野党、マスコミのイジられ役笑 。 小泉政権の郵政民営化で500億円アメリカからメディアに金が出ていたように、安倍にもかなり出ていると思われる アベノミクスを続けていればデフレから脱却できて自ずと税収が増え、増税なんてしなく て済むというのがリフレ派学者や経産官僚が安倍に吹き込んだアベノミクス。

「安倍総理にはリーダーシップがない」という意見を目にして「安倍。野党が複数に割れようがどうしようが、もし自民が強い批判と失望に晒されていたなら、 自民の議席は「草刈り場」になっていたはず 。 その意味では、「代案など何もないが、 地獄の底まで付いていく」と心中の覚悟を決めた有権者の底がほぼ見えたのが、今次の選挙の結果かなー、とは で、与党支持層の中の「消極的支持層」、つまり「与党を全肯定しないが、野党がお話にならないから与党を仕方なく選んでいる。

“一体だれが安倍内閣を支持しているのか。-2は、リベラル?左派政党にはもうどうしようもないだろうが、なんとかして3の層から 票を掘り起こすのが、課題であろう 。 的に自分が優れていると見せかける』手法から 野党が脱却できず、国民はそれに呆れて仕方なく与党を選んでるから。憲法を改正できず拉致被害者を取り返せず北方四島も取り返せず外国人労働者を受け入れ消費増税を推進する安倍さん?????野党は何してんでしょうかね?????

その論理だったら、「野党がどうしようもないから」日本は軍備拡張して戦争に突入し、国を破滅させました、とも言えます。物凄いご都合主義の論理です。現在の政権がやっていることは、それはそれとして是非をハッキリさせるべきです。大多数です。野党は本当にどうしようもないです。悪ふざけが過ぎます。中村喜四郎さん「強い野党」実現に動くベテラン保守政治家。-「安倍1強」と言われる政治状況が続く中、野党再編の機運が高まっている。キーマンの一人 。 北海道新聞 どうしん電子版 。 私がしばらく無所属でいたのは、もちろん私の事件のことがありましたから、そのことを重く受けとめていかなくちゃいけないと思っていました 野党も本当に真剣に対峙たいじするかっていうと、批判はするけど、 とことんぶつかっていこうというような感じの人もあまりいない 自民党だの野党だのと言ってる場合じゃない、日本再建のために反対勢力を強くしなくちゃしょうがない」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です