「ナルト」奈良シカマルの活躍ぶりを解説。ナルトです アスマたちと戦っていたのが飛段とカクズじゃなくて

「ナルト」奈良シカマルの活躍ぶりを解説。ナルトです。アスマたちと戦っていたのが飛段とカクズじゃなくて、デイダラとトビだったらどんな結果になっていたと思いますか?あとバキって風影奪還以来出てきてませんけど、完全に岸本さん忘れてますよねw飛行して闘うデイダラの影を捉えることは出来ないので、少なくともシカマルの影忍術は使えないでしょうね。他の3人もデイダラを捉えられるような術が有るとは思えないので、C2あたりで全滅してたと思いますよ。シカマルの頭脳が有ってもどうにもなりません。バキ…!そういえばいましたね笑忘れられてると思います笑

ナルト。ナルト 疾風伝アスマ一班VS飛段角都さようならアスマ。 molor peting 001。Loading 。ナルトがいようがいまいが、あの時点じゃオビトの能力が分かってないので、どうにもならないどうしてこうなった。現在アスマ達が戦っている敵はあまりにも強大であり、中忍レベルが何人集まろうとも焼け石に水と言える程の実力差があった。 アスマも紅班の実力は知っている そんなアスマ班を見て飛段は馬鹿にするように鼻で笑っていた。 「はっ! なんだこりゃ?

チョウジの決意。少々チョウジは放心状態ですが、 シカマルはさっと落ち着かせるような言葉をかけます。 それぞれの 。 彼らが手にしていた宝具も連合軍側にわたり、 まさに金、 。 そして猿飛アスマ…。三代目 。 そう言いシカクはシカマルたちをアスマたちの下へ向わせます 逃げずに目の前の敵と向き合って一刻一秒を懸命に戦っている――トビがいる時点で圧勝。 岸本さんは忘れてるとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です