地震の際はクルマに鍵を付けたまま放置して避難???!地震の際のクルマのキーをつけっぱなしにすることは道路交通法違

地震の際はクルマに鍵を付けたまま放置して避難。地震の際のクルマのキーをつけっぱなしにすることは道路交通法違反ではないのですか?道路交通法第71条5号の2に「自動車又は原動機付自転車を離れるときは、その車両の装置に応じ、その車両が他人に無断で運転されることがないようにするため必要な措置を講ずること」と明記されています。つまり、「エンジンの始動や停止状態にかかわらず施錠をしないで車を離れたら違反」ということだと思います。それが道路交通法違反で減点&罰金なのはもちろん知っています。問題は、よく地震などの時の非難の時に「緊急車両が通行の妨げになった際に移動できるように、キーを付けたまま避難してください」とアナウンスされていますが、それは違反ではないのですか?以下、JAFホームページ参照

違法性の阻却と言いまして、特殊な事情がある時には形式通り法律は適用されないというルールがあります。一番有名なのは正当防衛ですね。殺人は当然犯罪ですが、ざっくりいうと、相手に殺されそうになった場合で、なおかつ相手を殺さなければ殺される危険性が高い場合には殺しても罪に問われません。誤解を恐れず簡単に言うと、殺人犯まだ未遂ですがの命より被害者まだ死んでませんがの命の方が優先されるということです。この場合も同じです。車のキーをちゃんと管理してないと、免許持ってない人が盗んで人の命に関わる事故を起こしたり、犯罪をしようとしてる人が盗んで足に使われたりします。だからキーはちゃんと管理しないといけません。ただ、災害時に動かせない車が放置されていると、消防車が入れなくて街一区画燃えちゃったり、救急車が入れなくて助かるはずの怪我人が亡くなったり、パトカーが入れなくてパニック状態の市民が収拾つかなくて死人が出たり、その道を通って避難しようとしてる人が避難できなかったり色々問題が起きるわけです。そもそも都市機能麻痺してる時に、わざわざ他人の車を使って足がつかないように犯罪する人も居ないでしょうしそんなリスクを冒さなくてもバレないようにできる犯罪は沢山あるはずです、緊急時に車盗んで暴走しようなんていう人としてどうかしてるレベルでぶっ飛んだ奴もなかなかいないと思われます。じゃあどっちを優先するの、という話です。当然緊急車両の通行なので、鍵は刺しっぱなしで問題ないわけです。

クルマを運転中に地震が発生したら。周囲の状況を確認しながら道路の左側にクルマを寄せて停止する。 揺れが収まるまで車外に出ず、ラジオなどで情報収集して行動する。 緊急車両などの通行の妨げになるので、キーは付けたまま避難する。実行不可能な法律です地震発生時等における運転者のとるべき措置。交通の方法に関する教則昭和53年国家公安委員会告示第3号や災害対策基本法では、地震発生時等に運転者とるべき措置 。 やむを得ず道路上に置いて避難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、エンジンキーは付けたままとし、窓を。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!自力脱出マニュアル。車を止めたらエンジンを切ってカーラジオをつける。 トンネル内では災害時用の緊急放送が流されるので地震情報や交通情報をよく聞き、安全な方向へ避難する。 車を離れる場合は 。 この際、ドアはロックしないでエンジンキーはそのまま付けっぱなしにしておく。通常時行動と非常時行動の差ですもし、津波の避難でバックミラー越しに津波が迫っているのが見えているのにスピード違反で捕まるのが嫌だからと制限速度を守って走れますか?

大地震が発生したときに運転者がとるべき措置。停止後は、カーラジオ等により地震情報や交通情報を聞き、その情報や周囲の状況に 応じて行動すること やむを得 ず道路上に置いて避難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、エン ジンキーは付けたままとするか運転席などの車内の。自分たちで守る。管理を管理会社に任せっぱなしとせず、地震時は居住者が協力して対応できるように日頃から備えて。 おくことが大切です さらに、建物が密集市街地に近接している場合には、市街地火災からの類焼にも気をつけなければな。 りません。類焼防止対策は個人。

『エンジンを掛けてキーをロックする方法』。スズキ パレット 『エンジンを掛けてキーをロックする方法』のクチコミ掲示板。スズキ パレットについて 。 エンジンを掛けたまま車のドアをロックをしたいのですがリモコンキー で 可能なのでしょうか? 。 エンジンスターターを付けて、エンジン切った後にリモコンで再度エンジンを掛ける。 それで一応可能 。 地震が来てタンスや冷蔵庫が倒れてくるのを防ぐために突っ張りをしたりさまざまな工夫をするように 事故が起きる前に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です