【Python入門】今さら聞けない関数の使い方まとめ?MQLC言語の関数と引数の違いとは 初心者です

【Python入門】今さら聞けない関数の使い方まとめ。MQLC言語の関数と引数の違いとは。初心者です。早速ですが、関数が自動販売機としたら、引数はお金、戻り値はジュース と教わりました。そこでですが、voidを用いた戻り値が無い関数引数が無い関数とが有りますが、一体どういうことですか??1戻り値って関数が処理をした実行結果ですよね?それを取らないって、では一体何のための処理だったのですか?また、2引数が無いというのも、お金入れないで自販機から勝手にジュースは出てこないですよね?なぜ引数が無いのに勝手に処理できるんですか?どうか詳しい方教えて下さい。宜しくお願い致します。

関数における引数とは。 また、関数を理解するうえで必要となる「戻り値もどりち」との違いも、あわせて紹介します ここからは、プログラミング言語「Ruby」の関数を例に見ていきます。 明確に伝えたいときは、「実引数」「仮引数」を使おうね! 初心者はRuby。回答ありがとうございます。この例えがそもそもの根源だったのですね。このままずっと行くところでした。また、>箱の内側からも基本的に箱の外の事は分からない。ここが大事という部分の意味がまだ理解できないのですが、どういうことか簡単でいいので教えていただけますか?

『関数が自動販売機としたら、引数はお金、戻り値はジュース と教わりました。』それが間違いの元です。数学の関数ではたしかにそのような仕組みになっていますが、C言語の関数はそれだけに限りませんので、その説明は一度忘れてください。C言語の関数をそれに合わせた説明にするのであれば、『箱にスイッチが一つあり、それを押すと中で何かが起こる』それだけです。その結果として、何かを出す箱もあれば、スイッチを押すときに一緒に何かを入れる必要のある物もある。その両方の箱もある。何が出るか、何を入れる必要があるかは、箱毎にはじめから決められている。そして、箱の外から中身は見れないし、箱の内側からも基本的に箱の外の事は分からない。ここが大事それだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です