【ゼミについて面接で質問される理由3つ】自己PRの例文5選。転ゼミで質問です 複雑と感じているので助けて欲しいです

【ゼミについて面接で質問される理由3つ】自己PRの例文5選。転ゼミで質問です。複雑と感じているので助けて欲しいです。転ゼミを決めた際に1人の教員のゼミに絞り説明会?面談を受けました。面談では「先生の人柄と話し方、自分の成長のため」としか説明出来ず、「卒論のテーマ大体でいいから教えて?」という質問で実際に入った際の卒論をどうするか考えていなかった為教員の研究分野には興味があるとだけ答えて、、、しかし、卒論のテーマまでは答えられませんでした。結果、不合格とお電話で頂きました。その結果を受けた後、卒論のテーマに答えられなかったことが悔しくて自分は何をゼミを通じて学びたいかや卒論のテーマ何を卒論で書きたいかについて思考を整理して行きました。1日がかりで自分が大学で専門的に学びたいことやおおよその卒論のテーマなどを複数考えました。上記の面談時に「教員の研究分野などが載っているページを参考にして改めて教員を選びなさい」とヒントを頂き、また「頑張りなさい。」と言われていたのを頼りにし、自分の学びたいことに沿った教員を大学の教員の研究分野や研究のキーワードが載っているページで探しました。そうしたら、上記の面談を受けた教員が第2希望となり、第1希望の教員が変わりました。しかし、ここからが問題なんです。第1希望の教員との連絡が取れる可能性が余りにも低いんです。教員の電話番号やメアドが分からず、教務課に教えられたのはその教員の部屋の電話番号だけです。また、もう長期の春休みとなり更に繋がりづらく、1日辺りに3?4回架け今日で2日目ているんですが繋がらないので諦めるべきなのか、、、、と思い始めています。今のゼミは教員に示された選択肢の中から減点方式で入っており、全く違う分野のゼミなのでどうしても転ゼミをしたいんです。第1希望の可能性が乏しい架電をもう少し頼ってみるか、それともメアドや電話番号も分かるが一度不合格を受けている第2希望の教員にもう一度「ゼミに入れては貰えませんでしょうか?」と連絡を取るべきなのでしょうか?補足私が学んでる学科とは少々専門の違う学科の教員に転ゼミを希望しています。他学科のため電話番号?メアドを知っている友達もいません。第1希望の教員の講義を実際に受けたことがなくどのような教員かという事も少々不安です。その点第2希望の教員は講義も受けたこともあるし、教員のプロフにメアドも書いてあったため不安要素がとても少ないです。学科が違うゼミに移っても問題がない事も確認が取れています。

ゼミ合同卒論中間発表会。-また、月末に同校の違うクラスの授業を見せて頂けるので楽しみです 教員の志望動機は、各自漠然とした思いは持っているのですが、それを活字に起こしてまとめる作業に苦慮していました。自分の思いを箇条書きで 。 逆に、4回生の卒業論文の草稿を3 回生が読み、質問、コメントを返します。組み合わせを 。 3,4回生のやりとりを観察して いると、3回生が卒論に向けて力をつけてきていること、4回生が1年分の蓄積があることを感じさせてもらえます。あたりまえの 。 複雑な、魅惑の土地です。 ippo。

『特色ある大学教育支援プログラム』事例報告。ましたので、修士課程の取組に関して、若干、新しい。 面が出てきているか 。 さて、毎年申し上げていることですけれども、「特色。 GP」は、大学 。 型少人数教育-基礎ゼミを起点とした「大学での学び」。 の構築-』 。 ております。基礎ゼミの正式名称は、「転 。 皆様ご存じのように、複雑な現代社会の問題には、 。 お互いに心のぬくもりを感じ合う、 とてもすばらしい。 光景だ」 。 構です。 最初は関内先生への質問ですが、基礎ゼミをやる場。

大学編入のホント。質問を受けて回答が難しいなと感じるのは、やはりその人の人生に大きく関わる相談です。相手の顔も 。 結果的に合格したのですが、後で聞いた話によると、友人も家族も無理だと反対していて、中ゼミに来てはじめて、受験したいなら頑張りましょうと言われて受験を決意したそうです。ところが 。 学士は大学2年が受験できる一般編入も受験できるので、選択幅が広いんですね 嬉しかったり、ちょっと複雑だったり…

法律学科。 法学部に行きたくなって文転した私には、法律の専門用語や複雑な事例が出てくると難しく、取り組みにくいと感じました。1年生のうちは少人数 。 3年になるとゼミ論文作成など、さらにお世話になる機会が増えそうで、白金の特別TA室を訪れるのが楽しみです 質問への対応で気をつけていることは、学生さんの話をよく聞いて、どこでつまずいているのかをいろんな角度から探ること 手前で「分からない」ことができてしまうとそこから先の内容が全部分からなくなってしまうので、「ちょっと分からないな」と思った段階で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です