現代の主力戦車一覧まとめ(第2世代?第3世代?第3?レオパルト1などの戦後第二世代主力戦車で流行っていた装甲に

現代の主力戦車一覧まとめ(第2世代?第3世代?第3。レオパルト1などの戦後第二世代主力戦車で流行っていた「装甲による防御力を諦めて、高い機動力と煙幕で敵の攻撃を回避する」という考え方はなぜ廃れたのですか?素人考えでは、高い機動力で戦場を高速で動き回って敵の攻撃を回避するという戦法は装甲を厚くして戦車の重量が増加するよりも合理的だと思うのですが。アフガニスタンでも、カナダ軍は、レオパルト1を持ち込んで時より、レオパルト2の方が生存性が高い事が証明されている。ただ、シリア内戦じゃ旧式のレオパルト2A4は撃破されているが。

複合装甲が確立したのが大きな要因でしょう。たしか、空間装甲の物理的に生じる空きスペースがもったいないので、その空きスペースに何か詰めてみては?という発想が今日の複合装甲に繋がっているという話を聞いたことがあります。第三世代戦車ランキング。第三世代戦車とは、戦後に開発された主力戦車のうち、第三世代にあたる戦車をいいます WW2後期から戦後第二世代までは、戦車の形状は「避弾経始」という概念が広く取り入れられていましたが、 APDC装弾筒付徹甲弾やAPFSDS。

対戦車ミサイルが進歩したせいです。SS11など初期のATMは射手がミサイルのロケット炎を見ながら目標までラジコンで誘導するのであまり高速が出せないのと精度も低く機動力で回避する事も可能でした。BiLLとかの有線ATMだと射手が目標を指向するだけでミサイルが自動的に飛んで行きますから機動性や誘導精度が上がり回避するのが困難になっていきます。現代の主力戦車一覧まとめ第2世代?第3世代?第3。主力戦車とは? 第二次世界大戦まで戦車は重戦車、中戦車、軽戦車、豆戦車、駆逐戦車など多様であった。戦後、戦車に求められる 。 アメリカとの共同開発戦車MBT-70 が失敗に終わり、これに代わる次世代戦車としてレオパルト1の改良型開発がスタート。

タミヤ。1/35 ドイツ連邦軍主力戦車 レオパルト2 A6。 1/35 SCALE LEOPARD 2 A6 MAIN BATTLE TANK。 2004年2月発売 。 戦後第3世代の傑作戦車と評されるレオパルト2をベースに?段階的な改修を加え?防御力そして攻撃力を強化し誕生した レオパルト2A5 ? 。 砲塔上の回転灯などのアクセサリー?車長と装填手の半身像?デカール4種類付き?

今の戦車は「高い機動力で戦場を高速で動き回り、かつ敵の攻撃を厚い装甲で回避する」からです。一応、第4次中東戦争でイスラエルが多量の血で得た教訓は「十分な防御力は機動性を高めるが、その逆はあり得ない」ということでした。それ以前に「装甲による防御力を諦めて、高い機動力」というレオパルト1の戦場機動速度は時速25~30km程度、対して「装甲を厚くして戦車の重量が増加した」レオパルト2は時速40~45kmです。どちらが良いか素人考えでも分かるかと思います。

皆様、ご回答ありがとうございました!どの回答もとても勉強になり、自分の勉強不足を改めて痛感しました。皆様、ご協力ありがとうございました!対戦車ミサイルの普及とその威力の増大が廃れた原因しかしながら西ドイツの開発陣は1970年初頭から増加装甲をしたレオパルト1A2対戦車ミサイルが活躍する第四次中東戦争勃発より前にスペースドアーマー化した箱形の溶接装甲にした改装を施したレオパルト1A3を送り出しており先見の明はあったと思われますまた既に配備されているレオパルト1に対しても車体側面にサイドスカートを履かせ、砲塔の装甲の上に空間を設けさらに増加装甲を取り付けた改装を施していますレオパルト1A1A1

敵も一方的にやられるわけではありません。相手が戦車で攻撃してくるのならば、対戦車壕やら対戦車地雷やらで対抗するでしょう。そのような状況下だと戦車は戦場で自由に動けなくなります。なので機動力<装甲の方が合理的だと思います。主力戦車。主力戦車しゅりょくせんしゃ、英語:main battle tank、略称:MBTは、戦車の分類の1 つである。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、戦力の要となっている。 第二 次世界大戦まで戦車は重戦車、中戦車、軽戦車、豆戦車、駆逐戦車などエンジン性能に起因する設計の制限から走攻守をバランス良く実戦レベルで実現できず結果的に優先順位を決め、戦術毎に戦車を造ったため多様であった。戦後、戦術の確立と技術の発展特に1000馬力以上のエンジンを背景に、戦車に求められるあらゆる任務をこなせるように 。 現時点ではこの3。5世代が戦車の最新型であり、T-14、メルカバ Mk4 、10式戦車などは次世代型の第四世代に当たるのでは。

ご回答ありがとうございます。なるほど、今の戦車だと高い機動力と高い防御力の両方を兼ね備えているのですね。むしろ、レオパルト1の頃よりも機動力が向上しているのですね。自分の盲点に気付き、とても勉強になりました!ちなみになのですが戦車は狭い戦場と広い戦場とでは、どちらの方が有利なのですか?市街地などの狭い戦場だと動きにくいうえに歩兵の肉薄攻撃を受けますし、かといって平原などの広い戦場だと動きやすいけど攻撃機や対戦車ヘリに狙われやすいですよね?

思うに、こういう「説明」って、あまり合理的で無い、「言い訳」みたいな部分があるんじゃないかと思うんです。「戦車」の性能は、第二次大戦で大きくねじ曲がってしまった点がありますよね。具体的に言えば、明らかに「名戦車」たる「T-34」への対抗として、異常な独裁国家だったドイツが、異常な「タイガー戦車」を作ってしまったことです。この戦車の「重装甲重武装」は、通常の組織であれば通ることのない異常なランクアップぶりでした。ドイツ軍としても、「次世代候補戦車」として研究中だった車両よりもさらに二回り近く大きいというレベルで、しかもそれが一応実現し、それなりの名声も博してしまいました。ただ、ご存知か、この戦車は、世界中のミリタリファンの人気とは別に、「軍」にとっては大きな批判を巻き起こしました。確かに、「一対一」という環境下なら無敵の「大艦巨砲主義」の傑作でしたが、軍の生産体制、補給?整備体系に余計な負担をかけ、敗北を早めたという評価です。数字はいくつかありますが、例えば、ドイツ軍の対連合軍戦車数比率は、理論上「1:4」程度になるはずで、タイガー戦車などはキルレシオで「1:7」の優勢を発揮したものの運用負担を強い、実質戦車数を「1:11」まで低下させた、といった戦略的分析があります。当然ですが、戦後軍隊では、こうした「異常状態」を是正することになり、技術レベルと環境状況から、「高初速75~90mm砲を備えた35~40t級戦車」という「戦後第一世代戦車」普通、第二じゃないですよね?を生み出していきます。ここで問題となったのが、「砲力」はともかく「装甲」としては「大戦期のタイガー」をかなり「下回って」しまうことで、それでもメカ的には確実に強くなっているんですが、「レンジファインダーの採用」とか「汎用的機動力の著しい向上」とか説明しても、未だに理解できない人は沢山いますよね。当時の軍隊レベルでも、「所詮、タイガーより下じゃん」みたいな負の意識はいろいろあったと思われますが、その安易な、そしてある意味、説得力のあった説明が「機動防御」みたいな言い方だったんじゃないかと思います。確かに「偏差射撃」というのは微妙な点があって、各国が基本技術として絶対に習熟させる技術ではあるんですが、戦場で濫用し続けると裏をかかれやすいことも確かで、特に「戦車」では軍艦でも航空機でも出来ない「発砲炎を確認して急ブレーキをかける」という方法で射線をかわすことが可能でした。この期の、ベタ過ぎる「機動防御」という言い方は、あまりの極端で、言わば「まともな軍人が言うべき合理的レベル」を超えている感があります。平たく言うなら「言い過ぎ」だし、もっと言えば「邪言」というか、変な言い方です。もし、この言い方が「合理的」なものなのだとしたら、質問者さんの仰る通りだと思います。だけど、ご存知のように、ぺらっぺらの「戦闘機」でさえ、ある程度の「装甲」が求められたように、「戦車」なら尚更、やはり装甲は便利な存在なのです。ベテランなら神技でこんな防御を活かせるかもしれませんが、普通の凡人にはやはり「装甲」は頼れる存在なんです。どうも「兵器」には、こうした「現状を納得させるようなウソ?」がしばしば在り得る気がします。私が同様例と感じているのに「B-24危険機説」があります。この説が流布されていた時期のヨーロッパのアメリカ第8空軍では、ちょうど「B-17」を新型の「B-24」に交替させていたんですが、「B-24」は航続距離がかなり長かったんで、米海軍やイギリス軍でもこの機体を欲しがったんです。「B-17」は4発爆撃機の第一陣として、大変に親しみやすい設計だったんですが、その分「軍用機」としての特性を押さえている点があったんで、一気に大量産中だった「B-24」に入れ替えようとしたんですが、そこで足りなくなっちゃったんです。結果、「B-17」の製造は打ち切り予定から量産を再開、性能要求の低かった「第8空軍」の部隊が煽りを喰って、いくつかの部隊が「B-17、24混用」から再び「B-17部隊」に戻されていたんです。この時期に流れたのが「B-24危険機説」で、言わば「合理的説明」というより、「心理的保護策」みたいなもんで、それこそ命懸けの軍隊では結構多い話です。事実として、「B-17」は今日まで語り継がれる「可愛い機体」ではありますが、終戦以前に製造中止、対する「B-24」はいろいろ言われながらも「軍用機」としては代わる機体が無く、終戦まで量産、太平洋戦線でも支援機として多用されていました。結果として「4発機」でありながら、単発機さえ押さえて「米軍史上最多量産機」という地位を奪取してしまいました。結局、「戦車」は「自走砲」じゃあないんですから、「乱戦」を耐えるために「装甲」は厚いにこしたことは無いんですが、何とか40t以下に制限するために薄くせざるを得なかった事実を「精神的に保護」するために、意図的なのか自然になのかはよくわからない点もありますが、こんな説明が流布されたってことじゃないかと思います。まあ、合理的な説明じゃないとまでは言いませんが、どこか言い過ぎで、本当なら仰る通りだとは思いますが、やっぱ、微妙に違いますよね。

第二世代MBT。主に60年代から70年代に開発された主力戦車のこと 第一世代との差 戦後直後から開発された第一世代第一世代MBTは大戦中使用していた戦車の発展型が多く、各国で独自の装備が多かった。 第二世代は冷戦中と言うこともあり、東西それぞれである程度。MBT主力戦車。 主力戦車とは、技術の進化により第二次世界大戦後から、速い、硬い、砲も強いと戦車を区分分けできなくなってきたので、それまでの軽、中、重戦車の区分を無くした 。 ゲーム内では第1世代MBTとしてT-54や61式戦車などが、レオパルト1?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です