沖縄県民投票ルポ取材で見た???!沖縄の県民投票は反対派が世間に反対派の多さを知らしめる目的で

沖縄県民投票ルポ取材で見た。沖縄の県民投票は反対派が世間に反対派の多さを知らしめる目的で実施したわけだから、反対派は有権者の38%という結果に終わったことは反対派の完敗でしょ?。14時間前-まさかゲイだから投票するなんて考える奴は 自分が同性愛者だからだ 25 スマホで手軽に投票できるようにしたらシステムエラーがあったとか 。 ホモって世間的には認めない奴は人間の屑呼ばわりや差別主義者扱いされるよな。

完敗も何も、普天間の代替案さえ出さんと税金使ってすることか?反対の為の反対。ド鳩の罪は大きいわな。沖縄の置かれてる地位が理解できてないで。どちらかといえば基地賛成派って1割弱もいたんだーって感じでしたね。衆議院選挙で自民党は大勝しましたが、投票率が低いため、国民全体なら似たような数字になります。世の中、何事にも無関心な人達がいます。。14時間前-それが売国奴自民党のシステムだからだよ。 チンカスネトウヨ売国奴自民党信者のクッソ田舎者どもはそれも込みで売国奴自民党に投票している 世間的にはこのオッサンがズラでアフォなのはデフォ 因ってそこを狙って思惑通りの退席に。

沖縄県民投票ルポ取材で見た。-米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の名護市辺野古移設を問う県民投票は24日、投開票を迎える。共同通信が16、17両日に行った世論調査では94%が投票に行くと答え、このうち「反対」に投票するとの回答は67%に上った。県民の。沖縄県民投票。-24日に投開票が迫った米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票。通常の選挙と違って、県民投票は公職選挙法が適用されないことから、移設反対派は各世帯を訪問して投票を呼び掛ける「戸別。

沖縄県民投票。-米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否について県民が直接の民意を示す県民投票が14日告示された。移設に反対する「 オール沖縄」勢力は「圧勝」を狙い、投票の呼び掛けに躍起だ。結果は4。国政選挙と同じ……と言っている人たちは、例外なくただのバカです。確定した既定路線の存在しない国政選挙と、今回の県民投票を同じ視点で比べている時点で「自分は馬鹿です」と自己紹介しているも同然なんですが、それにも気づけないようですね。国政選挙が「次の与党は民進党で行きます。それに伴いアンケートを行います。賛成、反対、どちらでもないで投票してください」という実施のされ方をしたのであれば、同列視しても構いません。民進党政権を望む人は、わざわざ賛成の票を投じる必要がありません。次の与党が民進党であるという確定事実があるのですから。しかし実際の選挙はそのような行われ方はしていない。故に『無投票者の民意の捉え方は180度変わる』ということを、少しでも頭を使うことの出来る人間なら理解出来る筈なんですがねぇ。

辺野古反対派。-米軍普天間基地沖縄県宜野湾市の名護市辺野古移設を巡る県民投票2月24日投開票が14日告示された。辺野古の埋め立て計画について「賛成」「反対」「どちらでもない」の異例の3択で問う。反対派は知事が結果を尊重しなければなら。この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!沖縄県民投票。-米軍普天間基地沖縄県宜野湾市の名護市辺野古移設を巡る県民投票が24日、投開票される。投票結果に法的な拘束力はないものの、玉城デニー知事ら移設反対派は改めて沖縄県民の民意を示す機会ととらえる。

●午前、沖縄防衛局は埋め立てに使用する土砂の搬出作業を名護市安和の琉球セメント安和桟橋で継続した。当然だ。実際の「反対」の票は有権者総数115万3589人の37.64%の43万4273人で、過半数どころか4割にも満たず、「反対が県民の多数意見」とは言い難く、そもそも県民投票には法的拘束力が無いのだから。1996年の県民投票投票率は59.53%48万2538人?得票率91.26%?有権者総数の54.32%が基地の縮小に賛成2019年の県民投票投票率は52.48%43万4273人?得票率71.73%?有権者総数の37.64%が埋め立てに反対今回の有権者総数に占める反対率、投票率、反対の得票率?投票数の結果から「埋め立てに対する県民意識はそんなものだったのか」「6割以上が明確に「反対」の意思を示さなかった」ということだろう。●沖縄県民投票 「反対」が有権者の4分の1超 1時05分 NHK沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は24日に投票が行われ「反対」の票が多数となり、条例で知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカの大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超えました。これを受け、沖縄県の玉城知事は日米両政府に移設計画を断念するよう働きかけを強める方針ですが、県民投票の結果に法的な拘束力はなく、政府は引き続き移設工事を進める方針です。普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は、開票が終了しました。▽「反対」43万4273票▽「賛成」11万4933票▽「どちらでもない」5万2682票「反対」の票が有権者のおよそ38%を占めて多数となり、条例で知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカ大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超えました。また、投票率は52.48%でした。これを受けて、名護市辺野古への移設阻止を掲げる沖縄県の玉城知事は埋め立てに反対する県民の意思が明確に示されたとして、日米両政府に移設計画を断念するよう働きかけを強めるとともに、移設阻止に向けてあらゆる手段を講じていく方針です。ただ県民投票の結果に法的な拘束力はなく、政府は普天間基地の早期返還を実現するために、引き続き移設工事を進める方針で、政府と沖縄県の対立が一層深まることも予想されます。今回の県民投票で「反対」への投票を呼びかけた「県民投票連絡会」の共同代表の呉屋守將さんは「反対」の票が有権者の4分の1を超えたことについて「普天間基地の返還合意から23年という長い月日を、県民は本土の皆さんとともによくここまで闘ってきたと思う」「基地の押しつけによって長年分断されてきたことに終止符を打ちたいという県民の意思の表れで、安倍政権には一日も早く埋め立て工事をやめていただきたい」と話しています。県民投票の実施を求めて署名活動を行った「辺野古県民投票の会」の元山仁士郎代表は「結果を素直に喜びたい」「今回の県民投票で『初めて基地について話した』、『投票所に足を運んだ』という話を聞いた」「沖縄の民主主義が大きく発展する一歩になったと思う」と話していました。●玉城知事、反対72%も笑顔なく のぞく政治的計算2019.2.25 01:51 産経新聞「安全保障の負担は全国民で担うものと考える」「国民的議論の喚起に向けて働きかけてまいりたい」25日未明、沖縄県庁に集まった報道陣の前に姿を現した玉城デニー知事に笑顔はほとんどなかった。24日に投開票された米軍普天間飛行場宜野湾市の名護市辺野古移設を問う県民投票では、「反対」が全有権者の4分の1を超え、有効投票の72%に達したことから、最低限の目標はクリアした。だが、辺野古移設阻止を目指す玉城氏に立ちはだかる壁は高い。県民投票に法的拘束力はなく、政府はこのまま辺野古移設を進める構えを崩していない。県民投票が始まる前から、共産党や社民党などでつくる「オール沖縄」内には「県民投票で辺野古を止めることは難しい」県議との声も漏れていた。しかも、「反対」は全有権者の過半数どころか、4割にも満たなかった。オール沖縄が目指した「反辺野古移設の圧倒的な民意」が得られたとは言い難い。平成8年に行われた県民投票では、米軍基地の整理?縮小を支持する投票が有権者の50%以上となっただけに、今回の結果が見劣りする感は否めない。オール沖縄は勝利ムードを演出するのに躍起となった。那覇市内の事務所に詰めかけた共産党の赤嶺政賢衆院議員は「立派な勝利だ」と述べ、無所属の糸数慶子参院議員は「歴史的圧勝だ」と強調した。もっとも、オール沖縄が県民投票の運動に力を入れた背景には衆院沖縄3区補欠選挙4月21日投開票や夏の参院選をにらんだ計算ものぞく。オール沖縄幹部は「今回の県民投票を野党共闘のモデルとして全国的に波及させて、参院選の野党勝利につなげてほしい」と意気込む。県民投票条例は知事が広報、情報提供を「中立的かつ客観的に行う」と定めており、玉城氏は運動の中心ではなかった。しかし、県民投票が告示された翌日の15日、自身の後継として3区補選に出馬する候補の事務所開きではこう述べ、選挙に向けた思惑を隠さなかった。「県民投票を成功させてやるぞという思いを4月21日の選挙まで一日も欠かすことなく後継候補の名前を広げていくためにお力添えをいただきたい!」●主張沖縄県民投票 国は移設を粘り強く説け2019.2.25 05:00 産経新聞米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の辺野古移設を問う県民投票は、辺野古沿岸部埋め立てに「反対」が過半数を占めた。県や野党などは、辺野古移設の断念をこれまで以上に強く政府に要求するだろう。だが、移設を進めることができなければ、市街地に囲まれた普天間飛行場の危険性を取り除くことはできない。中国などの脅威から日本を守る、抑止力を保つことにも反する。沖縄県民を含む国民の安全を損なうことにつながる。投票結果は極めて残念である。政府はていねいに移設の必要性を説き速やかに移設を進める必要がある。県民投票条例の規定に基づき玉城デニー知事は投票結果を安倍晋三首相とトランプ米大統領に通知する。ただ県民投票に法的拘束力はない。辺野古移設に代わるアイデアもない。日米両政府に伝えても現実的な検討対象にはなるまい。人口密集地である普天間から人口が大幅に少ない辺野古へ飛行場の機能を移し普天間飛行場返還を実現する。この政府方針のほうが理にかなっている。移設推進を堅持しなければならない。知事はこれ以上移設工事を妨げたり不毛な訴訟合戦に入ったりすべきではない。普天間飛行場周辺の県民の安全確保と国民を守る安全保障政策を尊重し移設容認に転じるべきである。投票結果についていろいろな分析が行われるだろうが今回の県民投票はその内容にかかわらず民主主義をはき違えたものであるというほかない。国政選挙などの民主的な手続きでつくられた内閣政府にとって国の平和と国民の安全を守ることは最大の責務だ。外交?安全保障政策は政府の専管事項であり米軍基地をどこに設けるかは政府以外には決められない。移設は県民の問題であるのと同時に県民を含む国民全体の問題だ。県民の「直接の民意」だけで左右することはできない。与党の自民、公明両党は県民投票への「自主投票」を決め辺野古移設の大切さを十分に説かなかった。腰の引けた対応では移設の必要性が伝わらない。政府?与党は辺野古移設を着実に進めるとともに日本の安全にとって移設が重要であることを、県民に粘り強く説く責任がある。●沖縄県民投票は「世紀の愚策」だHanada2019年3月号 篠原章県民投票条例第9条には「賛否いずれか過半数の結果が、投票資格者総数の4分の1以上に達した時は、知事はその結果を直ちに告示するとともに、これを尊重しなければならない」と定められているが投票資格者総数の4分の1とは29万票である有権者総数は約116万人。知事選で39万票を得た玉城知事でなら容易に達成できそうな数値で投票率が25%を超え投票者全員が「反対」の意思表明をすれば告示されることになるが40万票程度では「県民の総意」と見なしにくい。有権者の50%約58万票が「埋め立て反対」の意思を表明するかが分水嶺だ。大田昌秀知事の下で行われた「日米地位協定の見直し及び基地の整理縮小に関する県民投票」での投票率は59.53%でうち91.26%、48万2538人が「基地の整理縮小に賛成」を投じた。これは当時の有権者総数54.32%に相当する。有権者の過半が基地の整理縮小に賛成したことになる。●米軍基地を国内のどこに置くかという判断は国の専権事項である安全保障政策に属する。憲法は地方自治体の長に安保政策や外交上の約束を覆す権限を与えていない。最高裁も判断を示しているように基地をどこに置くかの判断に地元の民意は関係ない。●米軍基地は現状日本全体の利益を守ると同時に沖縄そのものの安全保障環境を成立させている。沖縄に米軍基地があることによって今のところ戦場にならなくて済んでいる。沖縄を「戦力の空白地帯」とすれば沖縄の人たちをさらなる現実的脅威に直面させることになりかねない。いくら中国人民解放軍でも世界一の軍隊である米軍を正面から敵に回して戦うことは当面避けたいから中国海軍は「東シナ海?尖閣諸島へ進出はしたいが米軍の影響力が邪魔」だと思っている。中国がうまく沖縄の人々や米軍基地反対派を乗せ、米軍の影響力を追い払うことが出来れば、むしろその後にこそ沖縄が戦場になる日が近づくことになる。沖縄県のエゴで日本全体を危険に晒すことは許されない。反基地イデオロギーに支配された沖縄県政は日本全国にとって危険だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です