沖縄から基地がなくならない理由は何でしょうか!なぜ沖縄に米軍基地が必要なんですか 国防のために米国と同盟関

沖縄から基地がなくならない理由は何でしょうか。なぜ沖縄に米軍基地が必要なんですか?日本を外敵米を除くから守るには、絶好の場所でしょ。遠くの国連より近くの米軍。我が国の自衛隊は、鉄砲玉一つ撃つのにも会議が必要。他にめぼしい産業が無いからです。普天間基地の移設に反対しているのも、本心は移設されては周辺住民の経済が成り立たなくなるからです。昔はあの辺はただののっ原だった。基地ができたおかげで今のような繁華な街ができた。だから去られては困るのです。でも誰もホントの事を言わない。

日本にある米軍基地のメリット?デメリット。日本以上の戦力を持つ米軍の存在が第三国への抑止力となる ?自衛隊を必要以上に増強しなくて良い デメリット: ?基地のある自治体住民への騒音?治安などが懸念される ?基地に関わる費用を国が負担する必要がある △目次へ△。 ではなぜ沖縄およびその。辺野古移転の反対を理不尽に正当化する理由なき反抗。辺野古移転の反対を理不尽に正当化する理由なき反抗 / 米軍のキャンプ?シュワブ基地辺野古の敷地内に滑走路を建設して「世界一危険な基地」と呼ばれる普天間基地から 。 どれだけ沖縄なんですか」先月の安倍首相との会談で玉城デニー知事が発した叫びが、あらためて胸に響く 日本政府も米国も、沖縄県民が普天間基地を残してもよいと考えるのであれば、辺野古移転を実施する必要はありません。

沖縄の米軍基地。日米地位協定とは何ですか すか。 米軍基地と引き替えに沖縄振興が図られて。 いるのではないですか。 内閣府沖縄担当部局予算沖縄振興予算。 は沖縄県に 。 なぜ普天間飛行場を辺野古へ移設すること 。 の公共施設用地を確保する必要があります。対中防衛が主です。台湾で事変が起きた際に真っ先に到達するためと、尖閣諸島辺りを通って中国軍が太平洋に出ないようにするためです。中国軍が日本を越えて太平洋に出たら、次の防衛ラインはハワイになってしまいます。

国防のために米国と同盟関係が有効であるというのが、日本の選択なのです。憲法9条があるから、軍隊、自衛隊はいらないと考える人もいますが、それで国防ができるなら、各国が追従するはずです。理想と現実は違うのです。その米軍と同盟関係を結ぶうえで、双方にメリットがなければ、同盟関係を維持する理由が存在しなくなります。米軍がアジアに展開するうえで、特に中国以前はベトナム、中近東と対峙するため、地勢的に沖縄は適しているのです。当然、日本側としても、米軍基地があるがゆえに攻撃される可能性は無いこともありませんが、そこを攻撃することは、米国を相手に戦争をすることであり、そういう無謀な国があるかどうかということになります。一方、日本が非武装中立を守れば、侵略されないと考えるのは危険すぎます。もし、米軍が尖閣に中国が進行しても、それを容認すると言えば、間違いなく中国は尖閣に侵攻するでしょう。日本単独で、それに立ち向かえますか? そのあとは沖縄です。米軍基地がなければ、同様の結果になる可能性も否定できません。

北朝鮮が38度線をこえて侵攻してきた際に対応する戦力です殆どが強襲専門の海兵部隊で編成されています日本を母港としている空母群と同様防衛に関しては全く不向きな戦闘集団ですグアム島に置かれている部隊も同様です善戦むなしく朝鮮半島が赤化してしまえば日本が共産圏と対峙する最前線として今度こそは本当の米軍の4軍が沖縄では収容しきれないほど駐留することになるでしょう

なぜ沖縄に米海兵隊がいるのか。全4回連載①海兵隊を解剖する国防予算の決定や高額兵器の輸入調達、憲法第9条などあらゆる国防に関する議論 。 米海兵隊普天間基地の辺野古への移設をはじめとする、いわゆる沖縄米海兵隊基地問題もこの例に漏れない 米軍基地の存在によって経済的利益を確保している人びと軍用地提供借地料、米軍基地での雇用、米 軍基地周辺でのビジネスなども少なくないという事情に対する解決策も必要だ。

沖縄に米軍基地が必要というよりかは、対中?対北朝鮮防衛ラインの拠点として設置する場所として沖縄が都合が良かった、というほうが正しいかと。あまり話題にはなりませんが米軍施設は沖縄が圧倒的に多いのは事実ですが、沖縄にしかないわけではありません。「基地はイヤ。沖縄でまた、米軍機の事故が起きた。それも、選挙戦のさなかにだ。 日本にある米軍 基地の7割を引き受けているこの島では、これまでも米軍関係の事件や事故が相次いできた。反対運動も続くが、県内にある基地の移設先も県内だ。

沖縄県シンポジウム。これまでにも国会議員、あるいは識者の皆さんが沖縄県に海兵隊を置く場合に、普天間基地を置くのは、これは軍事的には必要では 。 何故ならば、日米安保体制というのは、 アジアの国々の中で、一番自由と平等と民主主義と人権を重んじる国をしっかり守ろう 。 日本政府内の外交政策と国家安全保障の担当者は、米国との同盟関係や米軍基地が、日本の国防戦略の礎石であるとみなし 。 ペリー元国防長官: 質問はなんですか。

1、沖縄は、いわば国境地帯であり、隣国は共産主義国の敵国で、世界第3位の軍事大国ですので、対抗の為には独力、独自防衛を目指すのでない限り助力は必要な地域だから。その他の米軍施設が密集している北九州山口や北海道青森などの地域も同じ2、歴史的経緯で既に長年そこにあり、軍隊とは消費団体であり、且つ雇用を創出するものであり、補助金や基地の土地使用料など沢山の経済活動の域点であるので、沖縄経済の基盤を支えているから。3、アメリカ的にも、同じく既にそこにあり、旧ソ連、中国、北朝鮮、ベトナムなど次々に共産主義国家が進んだアジア地域に於いて、韓国と日本が最後の砦で在り、物理的に日本列島でユーラシア大陸と太平洋を分断して正に防波堤として存在する日本を護る為。4、同じく、アメリカ的に既にそこにあり、物理的距離的に東南アジア地域の中心に近い場所にあるので、全世界を管轄とするアメリカ軍にとっては、西半球の起点、アジア地域の起点となる事ができるから。また戦争とは、本来隣国とするものであり、隣国とするとしても基地と実際の戦地の距離が短ければ短いほど陸海空戦力共に有利であるので、1キロでも近い場所の方が良いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です