安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量?加計学園問題は安倍晋三とその仲間の税金私物化が結論ですよね

安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量。加計学園問題は安倍晋三とその仲間の税金私物化が結論ですよね??加計問題その加計学園がなんともデタラメなことになっているらしい。 「深刻な四国の獣医師不足を解消するため」という大義名分で新設されたはずの岡山理科大学獣医学部で、 四国で獣医師になることを希望する「四国枠」合格者がたった1名しかいなかったことがわかったのだ。じつは、この「四国枠」特待生制度は、 開学した昨年度も応募者はたったの6名、合格者はわずか4名で、 国会でもたびたび問題視されていた。それが、2年目となる2019年度入試で、まさか初年を下回るたったの1名とは……。それでも愛媛県は一般会計補正予算案で、加計学園関連として2年目の補助金である10億円1800万円を今治市に計上している。 土地は無償つまりタダ、建設費192億円の半分96億円も貰っている。 建設は相澤議員の親戚の会社で、本当に192億円も掛けたのか疑問。 水増ししているかも知れない。?図書館の書架には本が一冊もないというのだ。 上階に8000冊ほどあり、年内に1万4000冊になるというので、その上階を見ると「政治や哲学などに10冊程度が並ぶだけで、あとはスカスカ。獣医学専門書はまだ一冊もなく、洋書も専門の獣医学書はまだ入っていない。?虚偽答弁にご褒美 加計かけ学園疑惑で、野党の追及をこんな官僚答弁で乗り切った柳瀬唯夫ただお元首相秘書官が2月1日付で、NTT系企業の社外取締役に就任していたことが明らかになった。 柳瀬氏は昨年12月1日付で、シャープのパソコン事業子会社「ダイナブック」の非常勤取締役にも就任しており、これで昨年7月に経済産業省審議官次官級を辞して民間人となってから、2社目の就職となる。

いまさら聞けない。安倍政権を揺るがしている学校法人「森友学園」と「加計学園」をめぐる問題とはなにか。 これまでの経緯をビジュアルにまとめました。安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量。 森友?加計学園問題で露呈した安倍首相による「政治の私物化」だが、またしても信じがたい事実が発覚した その上、「桜を見る会」の一般招待客は手荷物検査を受けるが、後援会員の場合はそれもなく、「バスの駐車場がある“裏口”から。

安倍首相が。 森友?加計学園問題で露呈した安倍首相による「政治の私物化」だが、またしても信じがたい事実が発覚した その原因のひとつと考えられているのが、第二次安倍政権下での招待客の増加だ。招待者の人数の 。 というのも、昭恵氏が名誉会会長を務めたスキーイベントの実行委員や、昭恵氏の農業仲間、昭恵氏と日本酒をつくる女性のグループなどが「桜を見る会」に招待されているからだ 同ホテル内の宴会場「鶴の間」で昭恵夫人とともに「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に出席〉とある。

加計学園のニュース社会?398件。加計学園』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話なども紹介します 安倍晋三 政権を揺るがす大スクープとなった「桜を見る会」の税金私物化問題だが、安倍首相本人が2日の参議院本会議で一連の問題について答弁したことで、自民党はこのまま幕。加計学園の消滅する日。加計学園の理事者は安倍晋三とその仲間たちと配偶者の寄り合いである。あるいは理事 。 加計学園の経営する大学は、中心となる岡山理科大学と倉敷芸術科学大学と千葉科学大学である。屋台骨と 。 税金はどぶへと捨てられたことになる。 獣医学科 。 森友問題もみ消し男、司法の忖度判決が終わった途端にご栄転森友学園問題だれも罪を問われず制裁もなく終結、あったのは下っ端の自死とトップ。 そんなに。

加計学園問題では総理と理事長の関係ばかりを詰問しても無駄だということは、これまでの経緯で理解できるはずです。それよりももっと本質的な問題について向き合うべきです。向き合うべき本質的な問題と言うのは、岩盤規制の元となった「文科省告示第45号」です。加計学園問題で安部政権の対応を支持する勢力は、この岩盤規制が獣医師会など特定団体の利権の温床になっていると非難し、それに反対する勢力はこの規制が獣医学部の学力レベルと、教育の質を保持していると主張しています。規制が問題と言うのなら、その規制の元となっているこの告示こそ取り上げて議論し、廃止するなり、改正するなりの手続きを取るべきですが、総理が「岩盤規制にドリルで穴を開ける!!」と言って、規制に立ち向かったようなポーズを示しただけで、規制の元である告示には全く手を付けていませんし、その後も対処する気配も見られません。今後も告示が存続し続けることについてはむしろ、安部政権支持派の人たちからこそ、疑問の声があげられてもおかしくないと思うのですが????。今回は「国家戦略特区」による特例的な設置でしたが、今後も告示はそのまま放置しておいて、特区という特例で獣医学部の設置を認めていくのでしょうか?さらに医学部、歯学部など他の告示の対象学部についての対応はどのようにするのか?この点については憲法25条による国民の生存権の問題にもつながってきます。国民の健康の保持増進のための医療専門職として医師、歯科医師が当たり、食の安全など公衆衛生分野の専門職として獣医師が対応しています。そして、これら医師、歯科医師、獣医師を養成するのがそれぞれ、医学部、歯学部、獣医学部で、国民の生存権に必要だからこそ、国家が管理し規制をかけているのです。その意味で岩盤規制の元となっている文科省告示第45号と憲法25条はセットとして捉えなければなりません。国民の医療や公衆衛生の保全について国が保障しなければならないので、現場で働くその専門職を養成するのも国の責任です。私立大学といえども国の関与が強く働き、多額の税金が投入されるのはそのためです。また、野党もこのような基本的な問題を置き去りにして「総理と理事長が長年の友達だから優遇したのだろう?」という一面だけで攻めて、結局は暗礁に乗り上げているだけです。この知恵袋で安部政権を批判している人たちも安部トモ政治批判だけじゃなく、視点を変えて問題点を掘り起こしていくべきです。一方安倍政権を擁護する人たちの中に、獣医師会から玉木議員への政治献金を問題視している人がいます。玉木議員を擁護する気はありませんが、これも政治資金収支報告書に記載されており、特に問題は指摘できないでしょう。もしこれに違法性が認められるなら自民党が黙っていなかったでしょうし、実際蓮舫議員の二重国籍問題では、自民党から激しい突き上げがありました。第一獣医師会と示し合わせての答弁なら、もう少しマシな答弁ができたはずです。以上、長々と持論を述べましたが結論として加計学園問題は岩盤規制の元となる文科省告示45号と、国民の生存権を保証する憲法25条による獣医師としての医師、歯科医師にも共通に言えることだが、公益性の問題に帰すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です