ステロイドの一種「プレドニゾロン」は怖い薬か?プレドニン 副作用 離脱症状現在プレドニン25mg服用中です

ステロイドの一種「プレドニゾロン」は怖い薬か。プレドニン 副作用 離脱症状現在プレドニン25mg服用中です。2週間前までは、30mgを2ヶ月間服用していました。5mg減量したのですが、明らかに体調に変化が出てきています。ムーンフェイスや浮腫み、体重増加は聞いていた副作用通りなのですが、激しい眠気、頭がぼーっとしてずっと酔っている感覚、思考力の低下、自分がここにいないかのような感覚などの精神障害が、日中6?8時間続くため困惑しています。朝8時ごろ服用して、18時頃になると眠気はありますが、ようやく意識がはっきりとしてきます。30mg服用中はむしろ不眠、頭が冴えている事が多かったです。これは副作用なのでしょうか?「プレドニン 眠気」で調べると、離脱症状という意見もありますが、30mg→25mgの減量でも起こるものでしょうか?朝方に服用して夕方まで続くため、仕事もままなりません…。もし副作用であるなら、元々の病気の症状は落ち着きあとは減量のみのため、減量ペースや服用のタイミングを一度医師に相談しようか悩んでいます。表現なども分かりづらく申し訳ありませんが、ご存知の方、同じような経験のある方ご回答よろしくお願いいたします。

プレドニン。いずれかを含む:プレドニン 副作用 離脱症状現在プレドニ生活環境が精神に大きく影響していることもあります。寝室を変えたり、場合によっては、引っ越して、住居を変えることが最善の解決策であることもあります。磁気刺激治療という効果的な治療法もあります。お近くに磁気刺激治療を受けられる医院があるかを調べてみてください。不眠症に効果のある漢方薬や自然の生薬もあります。どの漢方薬が最も効くかは、人それぞれです。これを「同病異治」といいます。精神科医や心療内科医は、精神疾患は向精神薬で治療するものと教えられていて、それ以外の治療法を知らないので、話を聞いて薬を処方するだけになります。医者には、処方している薬がクライアントの症状に本当に効果があるのかどうかさえ分かっていません。これを見抜けなければ、延々と薬を飲み続ける事になります。根本的な原因が解決されなければ、症状が良くなることはありません。向精神薬を服用すると、副作用や離脱症状が出ることもあります。耐性がついてしまえば、効果はなくなります。YouTubeで「向精神薬」で検索して、動画をいくつか見てください。向精神薬の危険性や、精神医学のいい加減さが、よく分かると思います。

プレドニゾロン。外用薬について全米皮膚炎学会によれば、ステロイド外用薬離脱の危険性を医師と患者は知っておくべきで、効力に関わらず2-4週間以上は使用すべきではない。 副作用 は多彩で、特に内服薬では免疫機能低下およびそれによる感染症、副腎皮質機能不全、クッシング症候群、胃潰瘍、 。 そのほか、食欲亢進、体重増加、悪心、不快感、感染症のリスク増加、心血管イベント小児、皮膚症状顔面発赤、痣、。

医療特集:ステロイドの副作用。昨年の9月にステロイド減量時10㎎、倦怠感や関節痛、脱力感がひどくなり、採血したところ、コルチゾール0。8、ACTH低値という検査結果で他の数値も引っかかりました ステロイド離脱症状になり、倍量20㎎に増やしてそこから徐々に減らし現在に至ります。交流会と講演会。立っており、すべての細胞にステロイドの作用するコルチコイド受容体があるため、様々な副作用が出現する。 ステロイド 。 血管炎の治療では、早期に免疫抑制剤を併用する事により、プレドニン単独治療に比べ、約半分の。 ステロイド 。 ステロイドは現在も治療の中心であるが、可能な限りの減量が推奨 。 スを使っていても動いた後に筋肉や筋力が落ちてくる重症筋無力症の症状が出てしまっているのかもしれない。

まずは、自分の病気とプレドニンの事をよく勉強されたほうがいいと思います。基本30mm→25mmであれば妙な倦怠感?眠気?やる気のなさ?身体が重い等の離脱作用は当たり前です。たった5mmと思うかもしれませんがこれがあるから一変に減量できないんです。この症状が薬との相性もありますが、1~2週間位続きます。そうち身体が慣れてくればとれれますが今は花粉の時期でもあり本来であれば細かい採血一回に10本~14本くらいとられますがそれをして問題がなければ減らしますが、30mmでずっとは感染症のこともあり、減量するしかないのだと思います。ただこの量で仕事は普段できません。基本安全圏の20mm程度になって一応室内の仕事であればOKがでます。それを何も確認しないで仕事をされるのは本来であれば自殺行為です。そんなに簡単な薬ではないんですよ???私が医者であればせめてその離脱症状がどうなってかか確かめて仕事の有無を言い渡しますが???同じであれば増やす???とんでもありません???今の時期にふやせば仕事はもちろん感染症でまた入院ですよ。それと今は仕事ができていますが年齢ごとに無理がきかなくなってきます。今までできていたことができなくなるということですこの薬を使っている以上周りの理解力が必要不可欠です。それが得られなければどこかで仕事を辞めざるえなくなるでしょう。それほど怖いんですこの薬は???減量自体は使っている量の1~2割程度とされているので妥当だとはおもいますが、仕事しているのであれば医者としては早く減量したいのが当たり前ですからね。それでも辛いのであれば仕事をしばらく休んである程度の身体に戻してから復帰するかこのまま耐えるかのどちらかですね。よく考えられた方がいいと思いますよ。

他の回答者を悪く言うつもりはありませんがあまりにも的外れの回答なので記載しますが、あなたは本当に「プレドニン」という薬をご存知なのですか??これは膠原病とかに使う向精神薬ではなく「ホルモン剤」ですよ。ましてや心療内科等で処方されることはありません。何の薬と勘違いしているのでしょうか?!たしかに副作用で精神バランスが壊れる等はありますが、あまりにも見当違いの回答です。当たり前のようにかいてらっしゃいますが間違いですよ。

詳細な情報をありがとうございました。減量して2週間以上経ちますが、あまり症状はよくならないため、次回の診察で医師にしっかり相談したいと思います。治療薬の話。経口投与ではプレドニンを使用することが多く、経口投与が不可能な場合にはソル? メドロールやリンデロンを静注投与します ステロイドを毎日長期的に使用している患者さんでは、後述する副腎不全とステロイド離脱症候群を予防するため、減量は少しずつ 。 副作用に対する最も有効な対策はステロイドを使用しないことですが、症状が悪化している時は無理に減薬しようとせず、病状が十分 。 アミロイドーシス、ベーチェット病、全身性硬化症、サルコイドーシスの治療に用いられますが現在はリウマチ治療にはあまり用い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です