【アメリカを読む】ヒラリー?クリントン氏を突如襲ったチャイナマネー疑惑チャイナマネーがアメリカ民主党に流れ込んでいるという話は

【アメリカを読む】ヒラリー?クリントン氏を突如襲ったチャイナマネー疑惑。「チャイナマネーがアメリカ民主党に流れ込んでいる」という話は本当なのでしょうか?===============国際政治アナリストの伊藤貫氏は「アメリカ民主党と中国の癒着は最近に始まったことではない」と言います。===============米民主党と中国の権力者がバランス感覚の欠けた癒着関係を持つのは、新しい現象ではない。戦前も、民主党のフランクリン?ルーズベルト大統領と国民党の蒋介石?宋美齢夫妻は癒着関係にあった。蒋介石は視野の狭い腐敗した政治屋であり、米国政府が重要視するにはふさわしくない人物であったが、ルーズベルト大統領は蒋介石を非常に重視し、イギリスのチャーチル首相と同様の外交指導力を持つ重要人物として扱っていた。「戦後のアジアは、米中両国が共同支配する地域」と決めていたルーズベルトは、自国中国に対する統治能力すらかけていた蒋介石を、「戦後の世界の運命を決める四大指導者の中の一人」と過大評価していたのである。戦前の日本が真珠湾攻撃をせざるをえない状況に追い込まれたのも、米民主党が中国に一方的に肩入れし、日本を過度に敵視する政策を続けたためであった。===============アメリカ民主党と中国は今も昔も変わらず癒着関係にあるということです。これは間に挟まれた日本にとっては非常に厄介ですよね???これまで民主党と中国の両者には数々の収賄事件も明らかになっていますが、共和党のフレッド?トンプソン上院議員は「この収賄事件で明らかになったのは、中国政府のアメリカ政界工作のごく一部だけ」と述べており、伊藤貫氏もそれに大きく同意しています昨日からご案内しているこちらの記事で明らかにしている事件もまた、民主党?クリントン政権時代に明らかになったものです。そして、クリントン政権はこの事件の隠蔽工作を図ろうとした結果、真実をリークしようとしたアメリカエネルギー省局長のトルロック氏当時を解雇しています、、、そして、この事件のせいでアメリカは東アジアに軍事介入ができなくなりました。もちろん、中国が尖閣諸島を占領しに来てもアメリカは守ってくれないでしょう‥日米同盟を揺るがすほどの大きな転換点となった事件とは????

1からわかる。-トランプ政権がさらにあと4年続くのか、それとも別の人が大統領になるのか。11月に迫るアメリカの大統領選挙は日本の行く末にも大きな影響を与えます。トランプ大統領に挑む民主党の候補者は誰になるの…?これを読めばアメリカ大統領。アメリカを読むヒラリー?クリントン氏を突如襲ったチャイナマネー疑惑。米大統領選で民主党の指名獲得をほぼ確実にしているヒラリー?クリントン前国務長官 68に、選挙戦に影響を及ぼしかねない新たな火種が浮上した。同氏に近いバージニア州のマコーリフ知事が中国人実業家から受けた選挙献金について。

米大統領選始まる??トランプ勝利?は五分五分。-2月3日のアイオワ州党員集会から予備選が始まります。アイオワ州の持つ代議員数は全米の約1%にすぎない。ただ、民主党の元大統領であるカーター氏やオバマ氏のように、アイオワで勝ってサプライズを起こ…アメリカ大統領選挙2020。2020年11月3日、アメリカ大統領選挙が行われる。トランプ大統領が再選を果たすのか、民主党が4年ぶりに政権を奪還するのか。取材班がアメリカ社会の深層に迫る。

SRF。単純に考えると香港いや近隣アジア各国の上場企業の株価は下がるはず。1兆2千億円のマネーがアリババに流れるのだから 足の引っ張り合いは政治もそうで、アメリカ 大統領選では、ヒラリー通信費用流用、元副大統領の家族のウクライナ内および中国内での所業調査依頼、 。 後は各州チャイナ村と最後はウオール街さんが反旗を揚げれば風向きは変わると見る。民主党の隠されたジョーカーが出てくるのは2020年ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です